子供手当ての目的と背景

日本では、どんどん少子高齢化が進んで、今では、約3人でひとりのお年寄りをサポートしている形になっていますが、 平成65年度にはひとりの現役世代がひとりのお年寄りをサポートする状態になるだろうと予想されています。 また、それだけではありません。

 貧困率について
日本における子どもの貧困率は14%と、OECD諸国平均の12%より悪い数字が出ています。 また、子育にかけている国家予算は、GDP比でスウェーデン3.2%に対して、日本は0.8%。 この数字は先進国の中では最も予算が少ない国家となっています。 このような劣悪な状況から、平成22年度に子ども手当に関連する法律が作られました。

子供手当てはいつ貰えるのか

子供手当ての支給は年3回です。 2月、6月、10月に支給となります。
( 基本的に月末のお支払いです。 )

子ども手当は在日外国人の子どもが海外に住んでいる場合にも貰えるのですか。

これまでは、約30年間にわたって、在日外国人のお子さまが海外に住んでいるケースにも対応していました。 平成22年度においては、その支給条件を引き継ぎしたのですが、その条件を厳しくしました。 また、平成23年度以降の子供手当については、日本国内に住んでいる子供という条件が決定しました。

子供手当てに関する質問コーナー

・こども手当てに関するさまざまなご質問にお答えするコーナーになります。

1. 所得制限について

最新情報

2014.5.07  ランドセル 山本  更新しました。